ヤフーニュースより・・・
全国約5000か所の定点医療機関を受診したインフルエンザの患者数が、1月21-27日の週は1施設当たり36.44人で、前週の22.58人から大きく増えたことが1日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。定点以外も含む全医療機関の受診者数は推計で約214万人に上り、前週の約140万人の1.5倍に増えた。
 推計患者数を年齢別に見ると、5-9歳の16.4%が最も多く、以下は10-14歳が14.0%、30歳代が12.1%、0-4歳が11.7%、40歳代が10.7%などと続いている。小児科が担当する14歳以下が4割以上を占めた。
 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、新潟の53.81人が最多で、以下は千葉(53.22人)、長崎(50.91人)、埼玉(49.53人)、愛知(46.65人)などの順。3週連続して全都道府県で前週から増加した。
急増している理由として、インフルエンザウイルスが繁栄しやすい環境となっているから、ウイルスの増加も理由の1つだが、何より「人から人へ」の流行が一番大きい。
インフルエンザに感染したら、外出しないことが必要だが、世間にはどうしても仕事で外に出なければいけない人も多い。また、この時期は入試などのテストも集中しているので人が密集する場所ではより細心の注意を払いましょう。