インフルエンザウイルスに感染した!!・・・と言ってもインフルエンザには種類があります。
今、流行している「型」に感染したのか、珍しい「型」に感染したのか。
インフルエンザと言っても、対処の仕方は様々です。
<A型>
とても危険性が高い
ウイルスが変化しやすく、世界的に流行することがあるので注意が必要
<B型>
危険性は高い
症状が重くワクチンに含まれているが、一度罹ると、二度目の感染の確率は低い
<C型>
危険性は低い
症状が軽くて多くの人が免疫を持っているのでワクチンの対象になっていない。