インフルエンザウイルスが長生きできる時期は、湿度が低く、乾燥しているときです。日本では12月~3月頃までが流行のピークです。乾燥した冷たい空気で私たちののどや鼻の粘膜が弱っています。年末年始の人の移動で ウイルスが全国的に広がるのもひとつの原因だと言われており、これらの原因が重なって流行しやすい時期となっています。また、流行するインフルエンザの型ですが、A型・B型・C型と大きく3つに分類されます。毎年流行する型は変わってきます。一番大きな流行を及ぼすのはA型と言われております。B型も日本で流行しております。しかしC型は軽い症状のことが多いです。
これからさらに乾燥した季節となりちょっとの油断で感染してしまうこともあります。インフルエンザは人から人へと感染していくため、まずはどのように感染していくかについて。インフルエンザの感染経路として1つは「飛沫感染」です。感染している人のくしゃみや咳で出るしぶきを吸い込むことによる感染です。くしゃみや咳を浴びる距離(2メートル程度)にいる人は感染の危険性が高いと言われております。もう一つは「接触感染」です。感染している人の唾や鼻みずが手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して手に付着することなどによる感染です。インフルエンザは、ウイルスが手に付着しただけで感染することはありません。ウイルスが付着した手で、口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染します。ですから、こまめな手洗いが接触感染のリスクを減らすことになります。
かからないための予防法としましては、マスクをつけずに咳やくしゃみをしている人のそばにいると、そのしぶきを吸い込んで感染する可能性があります。ですから、流行している時期あるいは地域では、人込みには行かないこと、行くとしても必ずマスクをつけることが感染予防の基本だと考えてください。また、外出して人が多く集まる場所に出かけた場合は、どこにウイルスが付着しているのか判りません。その場合帰宅時の手洗いが大切です。食事を準備する前など、なにか作業をするときにも手洗いをこまめにしてください。手を洗うときは石けんを使って最低15秒以上、指の間や手首も含めて丹念に洗いましょう。そして、洗った後は清潔なタオルなどで水分を十分に拭きとってください。こうした予防対策を習慣にすることで自然と感染を防ぐことができると思います。こうした知識はぜひ家族・友達同士で共有し、より「予防範囲」を広めていくことが大切です。