現在、海外で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に感染して、死亡者もでていますが、
一方で、回復している人はどういう治療がされているのでしょうか。
単純に体力があったから、症状が軽かったからだけではなく、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の具体的な治療にはタミフルやリレンザが使われているようです
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)は、弱毒性のH1N1ウイルスであることがわかっています。
ウィルスによるインフルエンザなので、その症状は、冬の時期に流行する季節性のインフルエンザと同様と言えます。
さらに、このウィルスにはタミフルやリレンザに感受性を示すことが分かっています。
感受性を示すという事は、薬効があるということです。
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の人の飛沫から感染したとみられる時から、2日間つまり48時間以内に
タミフルやリレンザを服用することで、これまでのインフルエンザ同様に効果があると言われています。
その効果とは、タミフルやリレンザは、新型インフルエンザウイルス(豚インフルエンザウイルス)が体内で
増殖するのを抑制することができるからです。
早期にタミフルやリレンザを服用する事が回復に向かっている人たちの治療のようです。
これまで、タミフル、リレンザはインフルエンザウイルスA型、B型の初期には効き目があるとされていました。
しかし、C型インフルエンザウイルス、細菌性風邪症候群には効果がないと言われていました。
今回、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のウイルスが、細菌感染症やC型インフルエンザウイルスによるもの
でないことから、タミフルやリレンザが注目されていると言えます。
現在は、自治体がタミフルやリレンザの備蓄をすすめています。ワクチンが生成されない現状でできる唯一の治療
法という事なのでしょう。
以下でよく知識を整理しましょう。

タミフル

『オセルタミビル』より : オセルタミビル (Oseltamivir) は、インフルエンザ治療薬。リン酸オセルタミビルとして、スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュ ロシュ社(日本ではロシュグループ傘下の中外製薬)により商品名「タミフル (Tamiflu)」として販売されている。A型にしか効果が無いアマンタジン(商品名「シンメトレル」など)とは違い、A・B両型のインフルエンザに作用する(B型には効きにくい傾向がある)。ただし、C型インフルエンザには効果がない。また、致死率が高い鳥インフルエンザにも効果があるとされる。現在タミフルは、中華料理で香辛料に使われる、トウシキミの果実である八角の成分シキミ酸を原料に、10回の化学反応を経て生産されている。

ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典

リレンザ

『ザナミビル』より : ザナミビルはグラクソ・スミスクライン社により商品名「リレンザR;RelenzaR」として販売されているインフルエンザ治療薬。A・B型双方に効果を示す。
作用機序:ノイラミニダーゼ(neuraminidase;NA)と呼ばれる酵素によりウイルスが感染細胞表面から遊離することを阻害し、他の細胞への感染・増殖を抑制する。オセルタミビルと作用機序は同じ。但し投与法は吸入で、感染部位への到達時間は早く、全身への副作用リスクは軽減されていると考えられる。

ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典