今日、病院に行きました。
微熱があったので新型インフルエンザかも知れないと思い、
マスクをして朝一番に行きました。
診察をして簡易検査を受けると陰性だったのでちょっとほっとしました。
微熱の原因は喉の痛みによるものらしく、抗生物質や炎症鎮痛薬をもらいました。
診察中に先生に聞きました。
今日新聞報道やテレビニュースで新型インフルエンザワクチンのニュースが
あったけど、医師や看護士が優先なんですね。
ワクチンを受ける予定はいつですか?と。
医師は、こう言いました。
今朝からその問い合わせ電話が鳴りっぱなしなんですよ。
われわれもいつからワクチンが手に入るのかわからないんですよ、と。
新型インフルエンザのワクチンは2回受ける必要があります。
費用は6150円。住民税免除の家庭は無料。
10月19日から実施予定です。
政府の新型インフルエンザのワクチン接種の基本方針は次が対象となるそうです。
(1)医療従事者
(2)妊婦と基礎疾患のある人
(3)1歳~小学校低学年
(4)1歳未満の小児らの保護者
(5)小学校高学年~高校生と高齢者
この順序が優先順位だそうです。
優先対象の合計は約5400万人で、(1)~(4)の約2300万人は原則的に国産ワクチンを使う。
(5)の約3100万人には輸入ワクチンも使う。
今日、病院で聞いた話もこのニュースのような内容で、
各病院へは正式に通知されてはいないそうです。
でも、病院の窓口の様子では、ワクチン接種が可能になったら
連絡しますとも答えていました。
基礎疾患のある患者の場合はかかりつけの病院で
ワクチンを受けることが望ましいと医師も話していました。