新型インフルエンザの症状とは どんなものなのでしょうか。
毎年、冬に流行するインフルエンザと何が違うのでしょうか。
こんな疑問がありますよね。
基本的には、季節性のインフルエンザと同じでだそうです。
高熱がでて体がだるくなり、節々が痛くなり、頭痛、吐き気が起こる。
新型インフルエンザは弱毒性なので、呼吸器や食道付近にダメージを受けます。
しかし、突然変異により強毒性になる可能性が心配です。
強毒性とは、たとえば、鳥インフルエンザです。
内臓全体にダメージを受けます。致死率も高いです。
予防として有効なのは、ワクチンです。
しかし、新型インフルエンザ、鳥インフルエンザともに、免疫が無いのでワクチンはありません。
ワクチンが唯一の予防策なので、無いと言う事が恐れられている原因です。
ある医療科学者は一人分のワクチンは一週間でできるが、国民分つくることとなると
1年以上かかると言っています。
ワクチンは、鶏卵を使います。他のインフルエンザもそうです。
このパンデミックを前にした時期がもし、10月や11月など冬を目の前にしていたらと考える
だけでも怖いですね。
飛沫感染なので、予防はやはりマスクです。
日本製のマスクは優秀なので、海外へも輸出されてしまと国内が品薄になります。
ドラッグストアもよいですが、ネットショップも多量に在庫しているようです。
混雑するところへ行きたくない方はネットショップで買いましょう。