新型インフルエンザ対策は情報収集が生命線です。
名古屋の女性も香港型と判明してほっとしている方も多いのではないでしょうか。
一方こちらの問題は大きいですね。
学校の危機管理意識の低さがモロに出てしまったニュースです。
カナダの情報すらこの校長には入っていなかったか。
それともメールを見ていないか、理解できていないか。
微熱だから報告しなかったという理由を口にする事自体、問題アリです。
このような事が二度と起きないように各教育機関の長は
情報収集、発信、判断能力を高めてほしいですね。
以下、(【新型インフル】高校側、大阪府教委に生徒らの病状報告伝えず(産経新聞) より引用) 
カナダでの短期留学から成田空港に帰国した大阪府寝屋川市の府立高校の生徒2人と
引率教諭1人が新型インフルエンザに感染した問題で、この高校が、生徒らの発熱などを
伝えるメールを現地の教諭から3回にわたって受け取っていたにもかかわらず、
府教育委員会への連絡を怠っていたことが9日、分かった。
府教委は、生徒らに疑わしい症状がみられた場合は連絡するよう全府立学校に
文書で通知しているが、連携不足が浮き彫りにされた格好だ。 
府教委によると、帰国後に感染が確認された引率教諭から日本時間6日正午過ぎ、
生徒1人が熱を出したことを伝えるメールが教頭の携帯電話に届いた。
その後もメールで「生徒が現地の病院を受診した」(同6日午後11時41分)、
「熱が下がった」(同7日午後8時53分)という内容の報告があり、
帰国後、この生徒は新型インフルエンザに感染していたと判明した。
7日夜のメールには、教諭自身に37・1度の熱があることも記されていた。 
教頭は受信の直後か翌朝にはメールの内容を校長に伝えたが、
校長は府教委に報告していなかった。 
府教委が一連の報告内容を知ったのは8日朝。
一緒に留学していた別の高校に電話で旅行の状況を尋ねた際、
伝え聞いていた内容を告げられたという。
この際も教諭の発熱に関する話はなく、同日夜に厚生労働省が発表した資料で
初めて事態を知った。
府教委が学校側に事情を聴いたところ、
校長は「微熱だったので報告しなかった」などと釈明。
橋下徹知事は「今回のような状況では報告、連絡は非常に重要であり、不適切といわざるをえない」
と話している。 
一方、生徒らが留学中、マスクをつけず人込みを歩いたり大リーグ観戦を
したりしていたことが報じられ、
高校には「なぜマスクをするよう指示しなかったのか」などの苦情の電話が殺到。
府教委によると、市内の府立高校でつくる留学を主催する団体から50人分のマスクが
送られたが、引率教諭らが「現地ではマスクをしている人が少ない」などとして
着用の必要はないと判断したという。
引用ここまでですが、水際作戦が徹底していないことが露呈しましたね。