新型インフルエンザの対応について、政府、桝添厚生労働大臣は
国民のパニックを恐れているのではないだろうか。
季節型インフルエンザとして対応する方針をとって、今週末に対策見直しとしているが、
守勢を強いられているという見方か。
橋元知事も1週間以上休校はできないしているが、発熱外来がパンク状態であることも、
自宅療養を認めざるを得ないという事の原因だろう。
人口が集中するアジアでの出来事に世界も注目している。
このような非常事態への対応は阪神淡路の震災にて経験している地域の人々であるが、
目に見えないウィルスと政府の対応にどのように反応していくのであろうか。
この問題は阪神地区だけの問題でないことで、日本各地にて勃発する可能性は十分に考えられる。