明治ヨーグルト R-1がインフルエンザ予防に効果があるというニュースが評判になっていますね。
さっそく、明治ヨーグルト R-1を購入された方も多いのではないでしょうか。
受験生を抱える家庭では毎食でも食べさせたい明治ヨーグルト R-1ですが、受験生や高齢者
そして小さなお子さん以外にも明治ヨーグルト R-1を食べてインフルエンザを予防している人がいます。
私の知り合いにコンビニエンスストアを経営している人がいます。
コンビニエンスストアは休むわけにはいかないので体調管理は必須です。
家族で経営しているのですが、テレビで明治ヨーグルト R-1の放送がされる前から食べていたそうです。
そして、テレビで明治ヨーグルト R-1が放送される前にはどっさりと仕入れたのですが、すぐに完売になって
しまったそうです。
ワクチンを打って重症化を防ぐという努力もしていますが、インフルエンザの予防によいものならと
明治ヨーグルト R-1を食べる人が増えているという事ですよね。
明治ヨーグルト R-1がなぜ効果があるかというと、他のヨーグルトにはない乳酸菌を含んでいるからなのです。
1073R-1乳酸菌というブルガリア菌なのですが、正式名称はラクトバチルスブルガリクスという難しい名前です。
過去になかった明治ヨーグルト R-1の1073R-1乳酸菌株は特許を取得したそうです。
通販大手の楽天市場でも品切れ続出で、ショップのコメントを見ると
メーカーからの出荷制限があることや、入荷分はすでに注文済の方だけと書いてあります。
しかし、状況が改善されたらWEB状にアップすると書いていますので、こまめにチェックが必要ですね。
通販ではクール便で送られてくるのでまとめ買いがお得です。
私も注文しました。スーパーに行って空振りだったり、風邪を移されることを考えると通販が便利です。
明治ヨーグルト R-1の1073R-1乳酸菌株に期待ですね。