花粉症がひどくなると、鼻炎や頭痛とともに微熱や倦怠感におそわれます。
マスクをしていても予防や緩和はできますが、治療はできませんね。
それよりも怖いのは、長引く微熱と思っていたら新型インフルエンザだったという事があるそうです。
一般的に新型インフルエンザは高熱が出ますが、ワクチン接種の影響から高熱にならない事もあるようです。
また、最近では、予防的にタミフルを処方する事も多く見られるようになって来ました。
タミフルやリレンザが未成年者に与える影響というものがそれほど心配するものではないという学会の報告を受けた医師は、タミフルで早期に治療しようとします。
花粉症による倦怠感や微熱の場合にはタミフルを処方されることはまずないと思いますが、先日このようなことがありました。
花粉症がひどくなり、喉の粘膜を荒らして、喉が腫れて赤くなり、痛みがあったとの事です。医師に「喉が痛い」と伝えると、インフルエンザの簡易検査を行い、陰性だったとの事ですが、高熱が出たときに服用するようにとタミフルを渡されたそうです。
38度を超える熱が出たので、タミフルを服用したところ、熱や身体の痛みが和らいだという事で、結果としてインフルエンザではなかったのか、という診断が下されたそうです。
タミフルが効いて熱が下がったのか、解熱剤を同時に服用したから熱が下がったのか不明ですが、去年一昨年以前に、花粉症で喉の痛みがあった方は花粉症による喉の痛みであろうと考えられますが、それ以外の場合は総合的に診断を受ける必要がありそうですね。
微熱でも倦怠感が強いのは新型インフルエンザも花粉アレルギーも似たような症状なので、自己判断で市販の鼻炎薬でごまかさない方がよいのではないでしょうか。